カップ麺の頑張れ受験生シリーズ、
パッケージがピンク色で
派手な感じ。
スーパーで目立っていました^ ^



さて今回は、
北海道札幌市のラーメン屋
『すみれ』さん。

札幌の有名ラーメン店ですね〜。
昔、お土産にと思い、
買って帰ったこともあったり。

セブンイレブンで販売していた
すみれワンタン味噌スープを
買い漁ったこともあったり。
一時期この味噌スープに
ハマっていました。

そして話は戻り、
本店に行きたいところでしたが
すっかり夜。というか深夜。
近くの、すすきの店に行きました。

すすきの駅1番出口出て
スグとのこと。
周りはビル。

店舗は2階です。
階段がね、
フラフラの人は気をつけて。

f0372922_02304474.jpg

f0372922_02311642.jpg

この灯りおしゃれ。
f0372922_02312775.jpg

メニュー
f0372922_02314343.jpg


入口の券売機で
購入するタイプです。


すみれ 味噌ラーメン、
すみれ 味噌ラーメン(小)
にしました。


ちなみに、
訪問した時期は冬と真逆でしたが
締めの一杯なのか
店内は混んでいました。


カウンター席と、
テーブル席とありました。
ほぼカウンター席かな。


すみれ 味噌ラーメン
f0372922_02321132.jpg

すみれ 味噌ラーメン(小)
f0372922_02322423.jpg

まず、見た目から
油膜がキラキラキラッと。

こってり豚骨系に
味噌を合わせたスープ。

濃いめ、こってり、
甘みも一般的な味噌ラーメンより
強く感じます。

麺は縮れ中太麺。

ネギとミンチと、
小さく切ったチャーシュー、
メンマ入り。

北国のラーメン。

なかなかずっしり、
お腹いっぱいになりました。


寒〜い冬には
熱々ラーメンが
必要不可欠だなぁ〜☆


詳しい店舗情報は、
お店のホームページからどうぞ。


店名 すみれ 札幌すすきの店
住所 北海道札幌市中央区南3条西3丁目9-2
         ピクシスビル2階
電話 011-200-4567
営業時間 月-土17:00〜27:00
               日・祝17:00〜24:00
定休日 不定休

[PR]
by bravo_hiro | 2018-01-14 08:30 | 北海道 | Comments(0)

温泉が恋しい季節です。



さて今回は、
北海道小樽市のホテル朝食編です。
夏に訪問したもの。


『天然温泉灯の湯 
ドーミーインPREMIUM小樽』さん。

ドーミーインといえば、
全国各地にあるホテルチェーンですね。
きれいな大浴場があるホテル
というイメージでしたが、
ドミ朝ご飯なる、
地域ごとのご当地メニューを取り入れた
朝ごはんをそれぞれのホテルで
提供しているようです。

いざ朝食会場へ。
f0372922_15452351.jpg

小樽はガラスが有名ですね〜。
ホテル内はレトロ調で照明も雰囲気あり。

朝食はバイキング形式です。
おめあては、海鮮丼とメロン。

ちょっと寝ぼけていて
写真がぶれました。
f0372922_15454639.jpg

汁物(郷土料理だったような)
海鮮丼(サーモン、いくら、甘えび、
カニほぐし身)
サラダ
醤油とわさび&山わさび
ししゃも、炙り帆立、さつまあげ
メロン

オムレツ
f0372922_15460602.jpg

いくらは少し濃いめの醤油漬でしたが、
自分が食べたい分盛れるのでありがたい。
f0372922_15462880.jpg
ご飯も、その分多くしないと
味が濃くなり過ぎちゃうので、
バランスは重要でした。
サーモン、甘エビ、カニほぐし身も
食べたいだけのせます。

アジア系の外国の方には
メロンがウケていたようで、
メロンを10コのみ食べて
帰っていた方には脱帽しました。

この後、海鮮丼を2杯と
メロンをおかわり。

食後にワッフル。
f0372922_15470425.jpg

あまりに食べ過ぎたため
昼ごはんが食べられなかったのは
いうまでもありませんが・・・
楽しかったです。
皆さんもお気をつけくださいね☆

昼の小樽運河
f0372922_15481729.jpg


ホテル名  ドーミーインPREMIUM小樽
住所  北海道小樽市稲穂3-9-1
電話  0134-21-5489

[PR]
by bravo_hiro | 2017-12-09 08:30 | 北海道 | Comments(0)


紅葉シーズンですね。
四季があるのは
とてもいい!


さて今回は、
北海道札幌市で出会った
ジンギスカン屋、
『いただきます。』さん。

北海道産の羊肉を提供する
ジンギスカン屋さんです。


外観です。
きれいめ。
f0372922_15405182.jpg

店内は1階が、
ロの字のカウンター席です。
2階は、
お手洗いがありましたが
個室もあるのかな??

メニュー
f0372922_15411797.jpg

f0372922_15413363.jpg

普通の焼肉と同じように
いろんな部位があります。
結構お値段は高め。
入店するのが遅く、
売切れているものもあり。

生ビール(サッポロクラシック)
ジンギスカンを注文。

泡がちょっと
寂しい感じに。。。
f0372922_15431250.jpg

最初の野菜は、
サービスです。

もやしとタマネギ。
もやしよりタマネギが好き。

手を伸ばして
やや遠くにある
七輪で焼きます。
f0372922_15434383.jpg

さてお肉を、
いただきます!

お肉は柔らかいです。
少し、
ジンギスカン特有の香りが。。。
タレは好みと違ったかなぁ。
お上品。
塩、胡椒で食べるのも
オススメされていました。

レバーも注文。
f0372922_15442333.jpg

レバーは鶏レバーに
似ていました☆

ちょっとお値段高めの
希少部位を食べたら
また感想が違うのかも!

北海道産の羊肉&
いろんな部位を食べたい人向け
かなぁと思いました^ ^


店名 いただきます。
住所 北海道札幌市中央区南5条西5丁目1-6
電話 011-552-4029
営業時間 月-土11:30〜翌03:00(L.O.02:30)
                日祝11:30〜23:00(L.O.22:30)
定休日 無休

[PR]
by bravo_hiro | 2017-11-12 16:30 | 北海道 | Comments(0)

ついつい、
ネットTVなどを
多めに視聴して
ギガ不足に陥りそうです。


さて今回は、
北海道札幌市のラーメン屋
『えびそば一幻総本店』さん。

まだ北海道編が残っていました。

ジンギスカンを食べた後の夜中、
営業しているラーメン屋さんを
探してすすきのから歩いて訪問。

外観。
f0372922_10072004.jpg

夜中でも明るいです。
駐車場も店前にあり。
すすきのからは、
15分以上歩きました。
お腹を減らしていざ!

店内は広々〜。
結構夜遅かったのですが、
数人並んでました。
長椅子にて座って待ちます。

座って待っている間に
注文を聞いてくれました。

カウンターのみで、
コの字か、
L字だったかな。

メニュー。
f0372922_10075373.jpg

f0372922_10082538.jpg

スープが
そのまま、ほどほど、あじわい
の3種あり、
スープの味付けが
えびみそ、えびしお、えびしょうゆ
の3種あり、
麺が極太と細麺とあり。

優柔不断のため悩みました。
色々組み合わせ自由ですね。


そして、


そのまま えびみそ(細麺)
そのまま えびしお(細麺)
を注文しました。


そのまま えびみそ(細麺)
f0372922_10093576.jpg

えび感が強く感じました。
これはスープが味噌だからかも。
スープのベースは、
こってり系で甘みも感じます。
麺は細麺ですが、
想像より太麺風で、
ぷりっとしていました。

そのまま えびしお(細麺)
f0372922_10095087.jpg

塩味が強め。
こちらもベースは
味噌と同じでこってり系。

煮卵やチャーシューが
デフォルトの
トッピングで入っていたので
嬉しかったです〜☆


店名 えびそば一幻総本店
住所 北海道札幌市中央区
       南7条西9丁目1024-10
営業時間 11:00〜翌03:00
定休日 水曜

[PR]
by bravo_hiro | 2017-11-07 10:30 | 北海道 | Comments(0)

今日はドラフト会議ですね。
時が経つのは早い…。
来年は平成30年。
きりがいい。

そして、
今日は週に一度の楽しみドラマ^ ^


さて今回は、
北海道札幌市にて出会った
スープカレーのお店、
soup curry Suage + 』さん。
(スープカリー スアゲ プラス)


すすきの駅から
徒歩2分程度。

ビルの中にあり。
f0372922_09540974.jpg

階段を登って2階とのこと。
階段を上がると、
並んでいる人が。。。

海外の観光客カップルもいます。

最近は人気店に行くと
必ず海外の方もいるので、
驚きます。
下調べがすごいね!

f0372922_09543081.jpg

店内は席数が多くて、
30席以上ありますね〜。
ダイニングバーのような感じ。

どちらかというと、
若い人が入りやすいお店
という印象です。


実際、この時は店内に
若者が多かった〜^ ^


メニュー抜粋
f0372922_09545518.jpg

f0372922_09551254.jpg

f0372922_09552905.jpg

f0372922_09554467.jpg

ドリンクも色々あり。
ラッシーもいいですね。
ビールはサッポロクラシックが
ありました。


悩んだ挙句、
基本のメニューを。

パリパリ知床鶏と
野菜カレー、
ラベンダーポークの
炙り角煮カレー
を注文。

辛さは3番中辛
ご飯は中ライス
だったかな。

スープカレーのスープは
定番かイカ墨ベースをプラスするか
選択できます。

初回ですので、
定番にしました。

パリパリ知床鶏と
野菜カレー
f0372922_09591633.jpg

お野菜が、
店名の通り
素揚げしてあります〜。

f0372922_09593512.jpg

ジャガイモ旨し☆
人参大きい。
ピーマン、ナス、ゆで卵
などが入ってました。

そして串に刺してある
知床鶏。
身がしまっていて、
弾力がある。

スパイスは効いてますが、
野菜を素揚げしていて
甘みや、
こってり感が出てるからか
舌を刺激するものではなく
みんなが食べやすい
お味だと思いました☆☆☆

ラベンダーポークの
炙り角煮カレー
f0372922_10003072.jpg

お野菜は、
こちらも素揚げしたもの。
柔らか〜な角煮入り。

f0372922_10024664.jpg

角煮美味しい〜。
こちらは同行者が主に
食べたのですが、
私たちはこちらを
気に入ったかなぁ〜☆

Suageさんのスープは
定番すあげスープと
もう1つが、
本店はイカ墨、
2号店が海老エキス、
3号店はココナッツと、
店舗ごと異なるらしく。

このそれぞれの
スープというのも
気になりました!
またの機会に☆


詳しい店舗情報は、
お店のホームページからどうぞ。

店名 soup curry Suage + 本店
住所 北海道札幌市中央区
       南4条西5都志松ビル2階
電話 011-233-2911 
営業時間 月-土11:30〜22:30(L.O.22:00)
                日祝11:30〜22:00(L.O.21:30)
定休日 年末年始

[PR]
by bravo_hiro | 2017-10-26 10:30 | 北海道 | Comments(0)


気づけば、
クライマックスシリーズも
ファイナルステージ?
ですねぇ。


さて今回は、
北海道小樽市で
出会った居酒屋、
『らく天』さん。

小樽の夜、
ご飯を食べるところがないか
うろうろしていました。

夜は、ひっそり。

先にお食事の後の
ぶらり運河周辺写真。
f0372922_08075574.jpg

お店は、
商店街の裏路地?
にありました。


小樽駅から徒歩4分程度。

このお店は、
ビブグルマンに
選ばれているらしい〜。
ということは、
良心的なお値段かなぁ
と考えいざ!

外観もおしゃれ
f0372922_08081133.jpg

手前にカウンター、
奥はテーブル席です。
完全な個室ではないですが
奥のテーブルは、
すだれのようなもので
隣と区切ってあり、
会話がしやすくてよい☆


メニューの一部。
f0372922_08083399.jpg

f0372922_08084725.jpg

日本酒など。
(季節によりラインナップは
異なると思われます。)

お酒はビール(一番搾り)や
焼酎は芋、麦、蕎麦、
カクテル、サワー、ハイボール、
ソフトドリンクと一通りあり。


これは、すごい味です。
色はキレイ。
小樽ワインボール
f0372922_08090827.jpg

ハイボール、ワイン、
ブルーキュラソーとのこと。


その後は、
安定の蕎麦焼酎、
そばほろ(北海道)
を呑みました☆

そしてお料理。
※訪問時に提供されていたもの。

湯葉詰めズッキーニ天ぷら
f0372922_08092637.jpg

熱々!ジュワッとズッキーニ。
揚げたて美味しい〜。


身欠きにしんネギ和え
f0372922_08094160.jpg

お酒にぴったり☆
ネギたっぷり。
やはり日本酒を
呑むべきだったかも⁇


おでんから、
何品か注文。
f0372922_08100005.jpg

手作りがんも…
ふわふわ〜で
想像を裏切った☆
これとても好きです。

ぎょうざ巻…
おでんの具としては
初めて食べます。
練り物の中に餃子。
面白い。


まぐろおでん
f0372922_08105330.jpg

こちらは、
塩ベースのお出汁だったかな。
まぐろも柔らかくてシミジミ。
味付けが優しくて好きだわ〜。


鳥レバー黒七味2本
f0372922_08111008.jpg

最初に注文すればよかった
と思うほど美味しい焼鳥。
大きいレバーで
じっくり火を通しているからか
レバーがかたくない^ ^
臭みもなくて非常に旨し!


どのお料理も、
ホッとする感じ☆

ちょっと夜は寂しい雰囲気が
漂いつつの小樽でしたが、
良いお店に訪問できて
よかったなぁ。
ブラボー*\(^o^)/*


店名 らく天
住所 北海道小樽市稲穂2-13-7
電話 0134-22-6336 
営業時間 18:00〜23:00
定休日 月曜

[PR]
by bravo_hiro | 2017-10-18 08:30 | 北海道 | Comments(0)

つ、ついに、
楽しみにしていたドラマが
今日から☆☆☆



さて今回は、
北海道札幌市で出会った
スープカレー屋、
『Curry Di.SAVoY』さん。


昔からありそうなビルの
地下にお店があり。

f0372922_00313593.jpg

f0372922_00315288.jpg

喫茶店風?バー風な
カウンター席と、
一般的なテーブル席がありました。

メニューは、
種類が多くて悩み病。

エビも美味しそうで
色々種類があったので、
えび三昧のカリーに。

こちらのお店は、
メニュー表に書いてありましたが、
スパイスを色々調合していて
カレー粉は使用していないとのこと。

辛さはレベルがあり、
選ぶことができます。

えび三昧のカリー
f0372922_00350950.jpg

スープカレーって、
わりとご飯の量は少なめですね。

海老と、海老の団子入り。
海老の団子は中に
プリッとした海老も
入っていました☆

そして野菜たち。
じゃがいも、ごぼう、
ブロッコリーなどなど。

スープのスパイスは
海老の甘みを
感じられるように、
ややおだやかです。
コッテリしていなくて
食べやすい。
f0372922_00363041.jpg

えびも美味しかったですが、
スープをすった
ブロッコリーやジャガイモが
とても美味しかった!!!

同行者のスープカレー。
国産鶏のミートボールのカリー。
f0372922_00371843.jpg

フワフワミートボール入り。
こちらはスパイスがすごい!
ガラムマサラやら何やら
スパイシー感が半端ない。

f0372922_00384934.jpg

野菜は、
とても大きなカボチャ!
えのきや、青菜などなど。

辛さは普通にしましたが
かなり刺激的だったんで、
弱い人は要注意。

海老のカレーも辛さは
同じく普通だったんですが、
辛さ自体が海老の方と
違いました。

独特のスパイシーさで、
中々他には無さそうで、
思い返すと、
また食べたいかも^ ^


詳しい店舗情報は、
お店のホームページからどうぞ。

店名 Curry Di.SAVoY
住所 北海道札幌市中央区南1条西5丁目7
豊川南1条ビルB1F
電話 011-219-7810
営業時間 11:30〜22:30(L.O.22:00)
定休日 水曜

[PR]
by bravo_hiro | 2017-10-12 08:30 | 北海道 | Comments(0)

1人で気まま。CAFE de NORD

涼しくなると、
食欲が増すので
危険です。


さて今回も、
北海道札幌市です。
立ち寄った喫茶店、
『CAFE de NORD』さん。
(カフェ・ド・ノール)


札幌駅から徒歩10分ほど。
地下にあります。
ビルの地下でした。

f0372922_08003709.jpg

店内に入ると、
長いカウンター。
そして、
横の方にテーブル席も
ありました。

どうやら喫煙可のお店みたい。

店員さんがカウンターに
1人いました。

メニュー
f0372922_08005725.jpg

今月のコーヒー、
札幌国際芸術祭
コラボブレンド
ネクストドア
を注文してみました。

コロンビアベースの
上品な味
とのこと。

丁寧にネルドリップで
コーヒーを
入れてくれます。
f0372922_08014338.jpg

コーヒーとは思えないほど
マイルドな感じで
飲みやすかったです。
(メモした内容が消えていて
細かいことが書けず残念!)

カウンターの後ろには、
雑誌なども
色々置いてありました。
音楽も流れて。

混んでいなかったので、
のんびり雑誌を読みながら
気ままに寛ぎつつ、
コーヒーを飲みます。

f0372922_08020708.jpg

常連さん?のサラリーマンが
やってきて、カウンターへ。

店員さんが何も言わずに
その方にコーヒーを
出しているのを
横目でみながら、

この雰囲気いいなぁ…。

この店員さんと
お客さんの間に、
特に会話は、
ないのですが、
いい空間でした。。。


店名 CAFE de NORD(カフェ・ド・ノール)
住所 北海道札幌市中央区北2条西4-1
         北海道ビルB1
電話 011-242-2221 
営業時間 月-金08:00〜20:00
               土曜11:00〜17:00
定休日 日曜・祝日

[PR]
by bravo_hiro | 2017-09-28 08:30 | 北海道 | Comments(0)

今日は、、、
スマステの
行列グルメ楽しみにしてます!!!


さて今回は、
北海道札幌市で出会った
『バーラー・ペンギン堂』さん。

昼はソフトクリーム、
アイスクリーム専門店。

夜はパフェとお酒などの
お店とのこと。
ノンアルコールもあります。

札幌から広まった
シメパフェをどうしても
食べたくて、ネットで検索。

なんとなくこの店が良さそうな
気がして訪問☆

すすきの駅から
徒歩1分。

この前に、
すすきのを散策していたため
徒歩1分かどうかは不明です。
路地の細いところを抜けると
ありました。


外観は、古民家風!
f0372922_09482043.jpg

店内はそこまで広くなく
混んでいます。

人気のお店みたい^ ^
満席でしたので、
20分ほど待ちました。

カウンター席と
奥に4人掛けのテーブル席があり。

カウンター席が、
またいい雰囲気なんです。
女子ばかりですが^ ^

4人掛けは、
男女のグループなどなど。
年齢層も幅広い。

メニューは、
パルフェのセットというものがあり
ドリンクのセットです。
(セットで1310円から)

お客さんは、ほとんどセットを
注文しているようでした。

パルフェは、
果物のソルベを使ったものと、
ジェラートを使ったものとあり。

季節で異なると思いますが
果物のパルフェの種類は
葡萄、苺、グレープフルーツ、
マンゴーがありました。

ジェラートのパルフェは、
チョコレートキャラメル、
モカ塩キャラメル、
モカチョコレート、
紅茶とメープル、
胡麻と白玉、
お茶でした。

結構種類が豊富。
想像するに全部美味しそう!

ドリンクも、
お酒はワインやリキュール他
種類が豊富でした。


果物のソルベを
使ったパルフェから、
苺とヨーグルトのパルフェ

ジェラートを使ったパルフェから
モカ塩キャラメルパルフェ

を注文。

セットドリンクはHerb Tea、
スパークリング葡萄ジュース
にしました。

苺とヨーグルトのパルフェ
Herb Tea
f0372922_09490030.jpg

すでにビジュアルで
やられました。
ブラボー*\(^o^)/*
おしゃれー!
昼間のパフェとは異なります。
大人パルフェです。

スパークリング葡萄ジュースは
奥の方に写っています。
これも美味しかった!
オススメ。

北海道の苺のソルベ。
甘酸っぱくて爽やか〜。
ギュッと濃い苺が
そのまま濃縮されたよう。
人工的な感じがないです。
口溶け感もちょうど良い☆

ソフトクリームも、
濃厚なのにクドクナイ
なめらか〜すぐ溶けてしまう。
非常に美味しいものです。

f0372922_09494989.jpg

ヨーグルトジェラートは
さっぱりとしていて
苺のそのままの味に合う〜。

それと、上の飴細工や
中の苺ソースやら
色々底までたっぷり
楽しませてくれました!

もちろん、
ホットのハーブティーも
安らぎの安定の味でした。


モカ塩キャラメルパルフェ
f0372922_09500355.jpg

定番の甘めパフェ!
塩キャラメルのジェラートは
もう安定の味。
これにソフトクリーム。
ブラボー*\(^o^)/*

コーヒーゼリーも入っていて、
コーヒージェラートは下の方に。
味が何層にもなってますね。

素材の美味しさを活かした
洗練されたパフェ!
という感じで美味しかったです。

少しお高いけれど、
この味と雰囲気ならだい満足^ ^

f0372922_09502713.jpg

いいお店でした〜。

店名 ペンギン堂
住所 北海道札幌市中央区南4条西1丁目6-1-左
電話 011-261-2320
営業時間 12:30〜17:00(16:45L.O.)
                19:00〜翌01:00(0:30L.O.)
定休日 日曜
※不定休あり。
(アイスクリームペンギン堂は日、水曜休み)

[PR]
by bravo_hiro | 2017-09-23 10:00 | 北海道 | Comments(0)

目からウロコ。だるま

金曜の朝から
物騒です。
台風も日本縦断だし。


さて今回は、
北海道で出会った
ジンギスカンのお店。
成吉思汗だるま』さん。

本店に訪問しました。

すすきの駅から
徒歩5分ほど。
駐車場なし。

路地裏にあります。
夜の22時すぎです。
10人以上並んでいました!
こんなに遅くなのに
めちゃ混んでる〜。

ほとんど観光客だとは
思いますが、
外国の方も大勢いました。

深夜2時まで営業しているため、
今から並んでも食べられると
皆考えているのでしょう。
長い夜です。




外観。
f0372922_08082900.jpg

f0372922_08085122.jpg

店内は焼き鳥屋のような
U字型のカウンターのみで、
昔ながらのいい雰囲気です。

七輪の炭火でお肉を焼きます。

壁のメニュー。
f0372922_08091637.jpg

f0372922_08093891.jpg

シンプルで、
余計な食べ物はナイです。

このお店のお肉は
マトンとのこと。

ジンギスカンは、
昔食べたことがありまして
どーしても特有のニオイが
ダメでした。
しかしながら
こちらのお店は評判もヨイので
もしかしたら、
美味しいのかもッと思い
並んだ訳です。

ジンギスカンと
ビールを注文。

乾杯のビール
ずっと冷たいままの
ステンレスジョッキで登場〜。

f0372922_08102299.jpg

ジンギスカンと野菜。
最初の野菜は無料。
玉ねぎが多くて嬉しい!
f0372922_08104066.jpg

焼けてきたようす
f0372922_08121369.jpg

ぱっと見た感じは、
かたそうな肉の
雰囲気があったんですが、

食べると適度に弾力があって
旨みたっぷりのお肉〜。
あの独特のニオイが
ありません!
衝撃!!!
とても美味しい!
ブラボー*\(^o^)/*

タレも醤油で、
割とさっぱり日本人好み。

ジンギスカンって
本来、こんな味??
これならいつでも食べたいなぁ〜。
羊肉はヘルシーと言いますし…☆

並ぶ価値ありました^ ^
ごちそうさまでーす☆☆☆


詳しい店舗情報は、
お店のホームページからどうぞ。

店名 成吉思汗だるま本店
住所 北海道札幌市中央区南5西4
       クリスタルビル1
電話 011-552-6013
営業時間 17:00〜翌03:00(L.O.02:30)
定休日 無休

[PR]
by bravo_hiro | 2017-09-15 09:30 | 北海道 | Comments(2)